サンプルページ

高校受験における数学の文章題の攻略方法について

Posted by on 10月 14th, 2012 in 数学の勉強法 | コメントは受け付けていません。

高校受験では、いろいろな出題形式の数学の問題に出会うことになります。効果的に得点を獲得するためには、計算などの基礎的な内容をまず確実に解くことと同時に、文章題でもしっかりと得点を獲得することが重要です。しかし数学の文章題が苦手であると訴える中学生がとても多いのも実情です。数学とはいえ、文章問題は、その内容を理解しないと問題が解けないと言う意味では、国語の読解問題とそのアプローチの仕方が似ている部分があります。たとえばまず文章題の文章を読んで、最初に注意するべきことは、何を求めるのかを明確に理解することです。次に答えを求めるためにはどのような方法を使えばいいかを考えることが重要です。たとえばある文章問題で、速さと時間がわかっていて距離だけがわからない問題があるとします。そして距離を出すための方法として、連立方程式を使えばいいとわかったとします。そうしたらあとは式を作って計算をすればいいのです。このように高校受験の文章問題は国語の読解問題の一種と考えて、アプローチすることが重要なのです。

受験のための数学を養うために

Posted by on 9月 14th, 2012 in 数学の勉強法 | コメントは受け付けていません。

うちの子供は小学生4年生である。まだまだ受験と言うものには
縁遠い年齢ではあるが、計算能力を身につけるために、
そろばんを習わせている。
特別に受験のための数学を養うために習わせたと言うほど、
おおげさなものではないが、本人は喜んで通っている。
実際に、そろばん大会等でも上位に入ることがあるくらいに
成績は上達してきている。
小学4年生でそろばんや暗算でも段位を持っているので、
恥ずかしくない成績は持っている。

自分も小さい頃はそろばんを習っていたが、自分の頃は
暗算と種別が少なく、そろばんでは段位を持っている。
それも小学校の低学年から習っていたので、受験のための
数学力を養うためではないが、やはい親心として、大きくなっても
何か能力を持っていれば、という事で習わせてもらってたのかも
しれない。
しかし最近の子は、本当に小さい頃から習い事が多く、
専門的に習ってる子が多いので、すごい子が多い。
また、途中で入ってきてもそれに追いつき、追い越すのは
至難の業と言うくらいのレベルの子が多い事には驚く。

受験の数学を極める覚悟

Posted by on 8月 14th, 2012 in 数学の勉強法 | コメントは受け付けていません。

大学受験での数学は、本当に重要な科目ですね。文系理系に関わらず、数学は勉強するべき科目であると私は思っています。数学で高得点が取れるのであれば、受験は有利だと言われています。そのくらい受験生みんなが苦労していることでしょう。分野別にわかれている参考書も多数販売されているため、書店へ足を運んで自分にあったものを探してみましょう。現役生の場合は、特に効率よい学習が求められます。微分や積分の分野を徹底的に極めるくらいやりましょう。数学はまた計算力が問われる科目でもあります。暗算が出来るレベルでなくても、今の状態より早くすることは訓練することで可能になります。また、実際の試験に備えて時間配分も研究しましょう。本番で失敗しないように、普段から実力を身につけるように努力することが大切ですよ。受験の数学を究める覚悟を持って臨みましょう。全ての人が将来すぐに役立つわけではありませんが、理論的思考が鍛えられます。

受験に向けての数学の勉強法

Posted by on 7月 14th, 2012 in 数学の勉強法 | コメントは受け付けていません。

中学生にとって、受験は大人への一つ目の障害です。これを乗り越えれば、一歩成長できます。ですが、受験問題はいつもやっている問題とは大違いで、難しいものも数多く出題されます。特に数学は、難題が多く出るので、そこで点を取れる人と取れない人の差は、とてつもなく大きいものとなります。そうはいっても、そんなにすぐに数学が得意になる方法はないですし、ましてや、数学自体が嫌いでやりたくないと思っている人も多くいることと思います。
では、どうしたら数学が得意になるのでしょうか。まずは、基礎を見直すことです。数学がいくら嫌いな人でも、そこそこできる分野と全くできない分野があると思います。できる分野はほどほどにして、できない分野を重点的にやると、その分、数学が理解できるようになります。そして、色々な問題をときましょう。いつも同じ問題よりも、問題集などを買って、たくさん解くことが、数学の上達につながるので、ぜひ購入しましょう。

数学を受験するということについて

Posted by on 6月 14th, 2012 in 数学の勉強法 | コメントは受け付けていません。

数学を受験科目として選択し、勉強するとはどういうことなのか。そもそも数学の試験とはどのようなことを見る試験なのかについて考えます。やはり一番大きな意義は順序だてて思考し、ものごとを解決していく能力だと思います。多くの数学の問題はしっかりと考え、様々な公式、定理などの武器をもとに、答えを導き出すというものです。そこでは論理的思考能力が問われるわけです。しかし実は受験の数学においてはこの思考能力が全てというわけではありません。いわば、パターンというものも存在し、たくさんのパターンの問題を練習し、それらが整理されていれば、問題を見た瞬間に、このパターンだ、ということが分かるのです。そうするとその王道の流れに沿って回答をしていくということになります。従って、柔軟な思考力という点では、数学なんかより、中学受験の算数、のほうが難しく、地頭の良さがよりでるのではないかと思います。大学受験においては、たくさんのパターンを身に付けた人が安定して得点をとれるのです。


Featured Photos

Random Photos

数学を受験するということについて... Posted by author icon admin 6月 14th, 2012 | コメントは受け付けていません。
受験のための数学を養うために... Posted by author icon admin 9月 14th, 2012 | コメントは受け付けていません。
受験の数学を極める覚悟... Posted by author icon admin 8月 14th, 2012 | コメントは受け付けていません。